屋上室外機熱気流解析事例

■解析概要

 ビルの屋上に設置された室外機を対象とする。 室外機の効率的な運転のためにショートサーキット現象が発生しない室外機の配置が求められる。 モデルおよび条件の詳細は以下に記載する。

■解析モデル

図1 解析モデルパース図(左:解析領域全体表示/右:建物拡大表示)

図2 室外機配置および吹出・吸込位置

■解析条件

表1 解析条件表
温度条件 外気温度35.0℃
風向条件 風向SE
流入・流出境界条件 基準高さ52.0m
基準風速2.5m/sec
べき乗値0.20(地表面粗度区分Ⅲ)
べき乗値
適用下限高さ
10.0m
室外機条件 室外機A 6台風量13,200CMH/台
排熱量49.52kW/台(吸込温度+11.7℃吹出)
室外機B 6台風量15,000CMH/台
排熱量74.90kW/台(吸込温度+14.8℃吹出)
室外機C 16台風量12,600CMH/台
排熱量55.94kW/台 (吸込温度+13.5℃吹出)

■解析結果

 図3より、屋上西側に設置した室外機Cの吸込面近傍に外気温より2~3℃高い箇所が見られるものの、 図4より、室外機からの排熱は外部風により屋上側に押さえ込まれないため、室外機に吸込まれるショートサーキット現象はほぼ見られない。

図3 温度分布+ベクトルパース図
(室外機吸込面高さ,37.0℃ライン強調)(西・南面壁非表示)

図4 温度分布+ベクトルパース図
(斜め断面,37.0℃ライン強調)(西・南面壁非表示)


PDF版>>
外部温熱環境解析事例>>